メニュー

脱毛器にも種類がある

腕

脱毛器の種類を知って適切な施術を受けよう

脱毛エステの施術が受けられるお店では、光脱毛によって施術をしています。脱毛エステではどこでも光脱毛をしているなら、どこのお店に行ったとしても同じ施術だと感じますが、脱毛エステで使っている脱毛器に違いがあります。光脱毛では、IPL、SSC、SHRと方式に違いがあり、どの方式の脱毛器を使っているかによって通う頻度や痛み、トラブルが発生しやすいかも多少の違いがあります。基本的には、この方式によって効果や料金には大きな違いはありません。IPL方式の脱毛器は、メラニン色素に反応する特殊な光を使って脱毛をする方法です。通う間隔は1ヶ月半〜3ヶ月で、痛みを感じることはほとんどありませんが、まれに肌トラブルを引き起こすこともあります。SSC方式では、専用のジェルを塗ってから光を照射します。光とジェルが反応することで抑毛効果が期待できます。通う頻度は最短で2週間程度で、この方式でも痛みをほとんど感じることはありませんが、まれに肌トラブルを引き起こすことがあります。SHR方式は、最新の脱毛方法の一つで、IPLとSSCの欠点を解消した脱毛方法だと言われています。この方法では、白髪や産毛の脱毛にも効果的で、日焼けをしている肌でも肌トラブルを引き起こすことなく施術をすることが可能です。敏感肌やアトピー肌でも施術ができて、痛みを感じず肌トラブルの心配もないと注目されています。通う頻度は最短で2週間です。このように、光脱毛といっても、脱毛器の方式によって違いがあります。お店選びでは料金ばかりに目が行きがちですが、自分に適している脱毛をするためにも、どのような脱毛器を使っているかで脱毛エステのお店選びをしてみてはいかがでしょうか。